投資競馬の方法

追い上げから均等買いへステップアップしたいあなたを応援するブログ

モンテカルロの法則

      2015/03/06

モンテカルロの法則と言う方法があります。この方法は、数列を作成して予想が外れた場合は数列を増やし、的中した場合には数列を減らし、全ての数列がなくなったら利益が確定すると言う方法です。

余談ですがモンテカルロとは地名で、モンテカルロにあるカジノを潰した事からこの投資法の名前がついたなんて逸話もありますが、私は都市伝説くさいと思っています。

この方法は通常の倍賭け法やマーチンゲール法と違い、賭け金の上昇が緩やかだと言う点がポイント。しかし、ある程度賭け金が上昇してしまうと、そのある程 度高い賭け金を維持し続けなければならない為、パンクのリスクを避ける事はできません。

まぁ、ちょっと実際のレースでどんな感じか見てみましょうか。

2013年10月12日の4回京都3日目の実際のレースで試してみましょう。

まず最初は数列「1,2,3」からスタートします。 数列の最初の数字と最後の数字を足して4ですから、 1レース目の賭け金は400円です。 モンテカルロの法則は配当が3倍以上必要な賭け方なので、単勝1番ヤマノハヤブサ…3.6倍に400円賭けます。

結果→はずれ

外れたので数列は「1,2,3,4」となり、数列の最初と最後の数字を足して5ですから、
2レース目の賭け金は500円です。はい、狙うオッズが3倍以上と言う事もあり、確かに賭け金の上昇はマーチンゲールなんかと比べると緩やかなようですね。

2レースは単勝では極端にオッズが低いか高いのしかないので、枠連2-6が3.3倍なので枠連2-6に500円賭けたいと思います。

結果は6-7でハズレ。

外れたので数列は「1,2,3,4,5」となり、数列の最初と最後の数字を足して6ですから、
3レース目の賭け金は600円です。3レース目はどの馬券式別も3倍に近いのが見当たらないので、複勝6番人気のサージェントペパー…3.4-5.5に600円賭けたいと思います。

結果は14着でハズレ。

全然当たらないですね、面白く無いですね。外れたので数列は「1,2,3,4,5,6」となり、
数列の最初と最後の数字を足して7ですから、4レース目の賭け金は700円です。4レースは単勝2番人気ミサキジュエルが3.5倍なので、この馬に700円賭けたいと思います。

結果は4着でハズレ。

これで数列は「1,2,3,4,5,6,7」となり、最初と最後の数字を足して8なので800円が次の賭け金です。5レースは単勝2番人気のマッシヴプリンスが3.2倍なので、この馬に賭けたいと思います。

結果→的中!!!

800円 × 3.2 = 2560円
400円 + 500円 + 600円 + 700円 + 800円 = 3000円

収支 マイナス440円

少しマイナスが残っていますが、元々モンテカルロの法則は数列が全部消えた時に
利益が出る賭け方なので、これが普通です。だから賭け金の急激な上昇を防げてるわけですね。

的中したので数列は両端の2つずつを削って、「3,4,5」となり、先ほどと同じ800円が次の賭け金です。さて6レースは単勝は3倍に近い馬券がないので、ワイドの1-3が3.1-3.9倍なので、これに賭けたいと思います。

結果→的中!!!

やりました、的中です。これで数列は「3,4,5」の両端2つずつを削るので全て消えましたから、利益が出ているはずです。

800円 × 3.6 = 2880円
2880円 ー 800円 ー 440円 = 1640円

これで利益が1640円となりました。

もし、このレースで外れていた場合は、数列を「3,4,5,8」と賭けた金額の数字で付け足して、同じ事を繰り返すだけです。今回の実験では上手く行きましたが、過去数千レースでシミュレーションしてみると、ある程度連続して負けてしまうと賭けなきゃいけない金額が高くなってきますよね。

で、その高くなった金額を維持する状態が結構長く続くので、結果的にはかなりの資金力が無いと耐えられないし、そもそも馬券が当たらないと数列が消えずにどんどん増えて行く一方で、賭け金の上昇は緩やかでも、必要な資金量は決してマーチンゲールなどと比べて安上がりとは言えないですね。

むしろ狙う配当域が3倍以上と普通のマーチンゲールの2倍よりも的中率が低くなる事が予想される分、的中率の収束が遅く、連敗する時はかなりの長さになりますから、精神的にもかなり不的中に耐えなきゃいけません。

また、今回の場合6レース賭けて3倍以上が2回当たっているので、わざわざ数列を作って賭け方を工夫しなくても全てのレースで均等な金額賭けていれば利益出てるんですよね。

つまり、モンテカルロが上手く行くような時は均等買いでも上手く行く、モンテカルロが失敗するような時は均等買いの方が損失が少ない。と言う事になっちゃうんですよ。

じゃあ、均等買いで勝つ方法を極めた方が良いんじゃないの?と考えるのが普通です。
今回当てたみたいに3.3倍を3回に1回のペースで当てる事ができれば、回収率は110%になるわけですから、均等買いでも資金を回転させて複利の効果でじゃんじゃんお金は増やせるわけですよ。

そういう3.3倍を3回に1回のペースで当てるような馬券術のスペシャリストを紹介します。私が唯一、心からリスペクトしている信頼できる馬券師さんなのですが、彼の実力は生半可じゃありませんよ。

是非、うまめし.com 競馬必勝法に一度アクセスしてみて下さい。私はアフィリエイトや広告クリックの小銭欲しさにくだらない物を紹介するような真似はしません。自分が真剣に良いと思ったものしかこのWEBサイトでは紹介しません。

 - 投資競馬

  関連記事

単勝1番人気で出現率が平均へ回帰する的中ラッシュを狙う投資法

中央競馬において、例えば単勝1番人気の出現率(勝率)などは毎年毎年ほぼ同じような …

単勝1番人気が勝ちやすいレース 負けやすいレース

マーチンゲールの法則などの追い上げを実践している人にとっても、 均等買いでの回収 …

投資競馬は勝ち逃げと全レース買いどちらにするべきか?

その昔、追い上げ式の馬券術が流行していた頃は、馬券的中=利益確定 という図式が成 …

競馬 マーチンゲール応用投資法を考案してみた

競馬でマーチンゲールを応用した投資法を考案したので、それが実践で通用するのかどう …

夏競馬の特徴

競馬のレースの内容と言うのは実は季節によって違います。 例えば大レースの組まれる …

予想しない機械的投資競馬が成功するのか検証してみた

今回は全く自分で予想しないで、ワンパターン単純作業の機械的投資で投資競馬を行うと …

追い上げ損切り方法

投資競馬の世界では、損切りと言われる賭け金の上限を決めて投資を始める事がリスクヘ …

競馬 複勝ころがし追い上げ方式 検証

追い上げの最大のリスクである賭け金の増大を抑えるためにも、損金を一発ではなくコロ …

競馬勝ち組の買い方を学ぶ

競馬において、情報とは勝負の行方を左右する重要なモノです。 競馬の勝ち組に勝ち方 …

投資競馬 タイム理論

投資競馬で利益を得るため、タイムに注目する馬券理論が有効な場合があります。 昔は …