投資競馬の方法

追い上げから均等買いへステップアップしたいあなたを応援するブログ

単コロ複コロはむちゃくちゃ損!?

      2015/03/06

案外知られていないのが、実はコロガシってのはかなり大損な馬券術だと言う事。少ない資金で大きく膨らませるように錯覚するが、実はここに落とし穴がある。例えば1回のレースで30倍程度の配当を狙うのと、3回のレースに分けてコロガシで30倍程度に資金を膨らますのとでは、明らかに前者の1回で狙った方が得になる。

30倍の配当を当てるより、3倍×3倍×3倍=27倍(面倒なのでこれで約30倍と考えてね♪)の方がなんとなく簡単そうに感じるけれど、実はそれは違う。コロガシの場合馬券を3回買う事から、テラ銭(言わばJRAに支払う上納金)を3回取られることになる。

つまり、計算式にするとこうだ。

まずは1つのレースで30倍の馬券が的中する確率の理論値を導き出す。的中率理論値=75÷30=2.5 (※本当は単複は 80÷ で計算するべきでしょうが、ここは大体でOKでしょう。僕の言わんとすることはそんな細かいどうでも良いことではなく『本質』の話なんで・・・)

つまり、30倍の馬券の当たる確率は大体2.5%前後と考えていて欲しい。じゃ、次にコロガシではどうなのか?まず、3倍の馬券が的中する確率の理論値を出してみよう。的中率理論値=75÷3=25

理論値は25%となった。ま、30倍の1/10のオッズなのだから単純に10倍当たりやすい理論値。重要なのはこっから!じゃあ、25%の確率で当たる馬券が3回連続で的中する確率って何%なんよ?って事になりますよね。

連続して的中する確率=0.25×0.25×0.25=0.015625

つまり、1.6%程度の成功率と言うことです。・・・と言うことは、63回に1回ほどしか成功しないという結論なんですよね。

はい!!!!

ここでよーく各数字を見てください。
はじめから30倍の配当を狙った場合の成功率→2.5%
3回にわけてコロガシで27~30倍程度を目指す場合の成功率→1.6%

どちらも資金が元の金額より、30倍になる事に変わりはありません。でも、方や40回に1回の成功率、もう一方は63回に1回の成功率・・・。どっちが損なのか、こりゃ小学生でもわかってしまいます。ただし、一部の馬券上手な人は例外もあるので注意してくださいね。

最後に管理人のオススメサイトをご紹介します、ただ、真剣な人以外は迷惑になりますので絶対に訪れないようにして下さいね!!!
↓↓↓
単勝転がし 競馬資金を2倍にする方法 あぁ簡単…

 - 投資競馬

  関連記事

ココモ式

ココモ式投資法もマーチンゲールの変形バージョンに過ぎない。1・2・3・5・8・1 …

誰でもできる回収率アップ法

今日は誰でも簡単にできる回収率をアップさせる方法を教えます。まず、回収率をアップ …

投資競馬で失敗しないコツは的中率を100%にする事

記事のタイトルにも書いているように、投資競馬で失敗しない最大のコツは的中率を10 …

競馬 マーチンゲール応用投資法を考案してみた

競馬でマーチンゲールを応用した投資法を考案したので、それが実践で通用するのかどう …

単勝1番人気が勝ちやすいレース 負けやすいレース

マーチンゲールの法則などの追い上げを実践している人にとっても、 均等買いでの回収 …

競馬は穴と本命どっちが得か?

競馬は穴を狙うのと本命を狙うのとでは、一体どちらが得なのでしょうか? 結論から言 …

まとめ買いを可能にした並列追い上げ法

一度に12個の賭けを行う投資法。 一時期脚光を浴びたのがマーチンゲールの法則・並 …

枠連 追い上げ

枠連で追い上げするメリットデメリット 単勝の追い上げだと、9頭立てと18頭立ての …

追い上げでパンクする前に利益をプールする方法

追い上げでパンク回避出来ないなら、前もってパンクしても大丈夫な分の利益を貯めこん …

金丸法

金丸法も結局はマーチンゲールの亜種にすぎません。しかし、狙う配当域が1.3倍程度 …