投資競馬の方法

追い上げから均等買いへステップアップしたいあなたを応援するブログ

単勝1番人気で出現率が平均へ回帰する的中ラッシュを狙う投資法

      2016/01/11

中央競馬において、例えば単勝1番人気の出現率(勝率)などは毎年毎年ほぼ同じような数値を示しています。 これは今後も何か前提となる条件が崩れない限りは似たような状況が続くであろう事は容易に想像できます。

仮に日本のサラブレッド生産頭数が大幅に減少して少頭数のレースが極端に増えたりしない限りは、 一時的に単勝1番人気があまり勝てない時期があったとしても、どこかで1番人気の1着ラッシュのような状況が起きて最終的には例年通りの出現率になるよう帳尻が合ってしまいます。

単勝1番人気の的中ラッシュの時期だけを狙い撃ちできないものか?

データや統計を駆使されている人は既にご存知かも知れませんが、 単勝1番人気馬の単勝回収率は、勝率と同じように毎年80%弱程度の数値で安定しています。

1年間の競馬をいくつかの区切りに分けてみれば、細かく区切れば区切るほど「あまり単勝1番人気が勝たない時期」と「頻繁に単勝1番人気が勝つ時期」という偏りが発生しているはずです。

単勝1番人気が連敗続きのような不調時を避けて、頻繁に単勝1番人気が勝つ時期だけに集中して馬券投資する事が出来れば、 平均値である回収率80%を90%や100%オーバーの高水準の数値にする事が可能になります。

ただ、現実的にそのような事が可能なのか?と言うところが一番の問題点なんですよね。

考え方自体はトランプゲームのカウンティングと同じだが…

ある種のトランプゲームには必勝法が存在していて、 カードカウンティングと呼ばれる手法で未来に配られるカードの偏りを読む方法があります。 やり方は実に簡単で、トランプのカードはジョーカーを含めないとすると52枚で、

52枚 – 使ったカード = 残ったカード

となるので、例えば使ったカードが全部黒のカードであれば、 残りは赤のカードしか出ないなと言う事はカードをめくって見なくてもわかるわけです。 このように出現した物を「数える」事によって後に出現する物を予測できるわけですね。

そこで、単勝1番人気の勝利数を数えていき、平均よりも少ない勝率であれば、その後平均値への回帰に収束していく過程で、平均よりも多い勝率の時期が「揺り戻し」として起きると言う事です。

平均よりも、どの程度多い勝率なら収支がプラスになるのか?

中央競馬での単勝1番人気の勝率は35%から40%程度で、回収率は75%から80%程度に毎年落ち着く事が多いので、 10レース行えば4レースで単勝1番人気が勝ち、1回あたりの配当金額は200円と言う事になります。

と言う事は、10レース中5レース以上勝ってくれるような「出現ラッシュのタイミング」を掴む事が出来れば、 単勝1番人気の均等買いで回収率を100%以上にする事が可能になるわけですね。

単勝1番人気の出現ラッシュだけを狙い撃ち出来るのか?

競馬がトランプのカードカウンティングと根本的に異なるのは、トランプの場合は、 一度使ったカードを山に戻さなければ、一度出たカードが二度三度と出現する事は絶対にありません。

しかし、競馬の場合は単勝1番人気がさっき勝ったからと言って、次のレースで単勝1番人気が来ない保証などありません。 これを確率用語では「独立事象」と言って、前のレース結果が次のレース結果に何ら影響を与えない事を意味しています。

なので、カードカウンティングのように「高出現率のタイミングだけを狙う」事は基本的には出来ません。 そもそも出現率が平均値にちゃんと回帰・収束すると言う保証もありませんしね。

ただ、競馬の場合はトランプのカードのような常に確率が一定のギャンブル種目と違い、 さらに競走原動力が生き物であるため、季節や馬の仕上がり、またはレース展開などによって様々な偏りが発生しやすいギャンブル種目です。

つまりどういう事かと言うと、単勝1番人気の低出現率が発生したからと言って「さぁ、あとは揺り戻しを狙って高出現率しか来ないぞ!」とはならないものの、 「負けやすい単勝1番人気の特徴」と「勝ちやすい単勝1番人気の特徴」を知る事により単勝1番人気の平均的な的中率・回収率よりも、良い馬券成績をあげる事が可能になると言う事です。

そういう研究の第一人者が うまめし.com 競馬必勝法の北村先生です。

あと、飛ぶ単勝1番人気を見分ける方法とは?の記事なんかも参考になると思うので、良かったら読んでみてください。

 - 投資競馬

  関連記事

競馬は穴と本命どっちが得か?

競馬は穴を狙うのと本命を狙うのとでは、一体どちらが得なのでしょうか? 結論から言 …

マーチンゲールの法則で投資競馬

不的中が続くと投資ではなく破産する法則だが・・・ このWebサイトの記事は全て私 …

予想しない機械的投資競馬が成功するのか検証してみた

今回は全く自分で予想しないで、ワンパターン単純作業の機械的投資で投資競馬を行うと …

競馬で1.1倍当てるのと株で10%の値上がり狙うのどちらが成功率高いのか?

競馬で1.1倍の単勝・複勝・ワイドなんかを当てるのも、株式投資で株を買って10% …

単勝1番人気の最大連敗数

単勝1番人気が20連敗なんてするはずが・・・ 追い上げ式の投資競馬をやっていた頃 …

競馬 マーチンゲール応用投資法を考案してみた

競馬でマーチンゲールを応用した投資法を考案したので、それが実践で通用するのかどう …

追い上げでパンクしたり損した後の対応策

追い上げで失敗してしまった!そんな時には焦らず、まずは落ち着こう。 私がどれだけ …

競馬3連単で大穴狙いは投資リスクを減らせるか?

3連単馬券と言うのは運の要素がかなり含まれる馬券で、 今日行われた京都競馬の全1 …

投資競馬 複勝馬券 利益の法則

資金の回転効率を良くしたい投資競馬において、複勝馬券での高的中率を実現できればか …

競馬 複勝ころがし追い上げ方式 検証

追い上げの最大のリスクである賭け金の増大を抑えるためにも、損金を一発ではなくコロ …