投資競馬の方法

追い上げから均等買いへステップアップしたいあなたを応援するブログ

競馬3連単で大穴狙いは投資リスクを減らせるか?

      2015/03/06

3連単馬券と言うのは運の要素がかなり含まれる馬券で、 今日行われた京都競馬の全12レースで、1着2着が接戦になる回数よりと3着争いが接戦になる回数をカウントしてみると、 1着2着の決着の着差がクビ差以内だったのは1レース、3着4着の争いがクビ差以内の僅差だったのは5回でした。

つまり、レース中の位置取りや進路の確保、または追い出しのタイミング、 または単純にクビの上げ下げのタイミングによって3着に入る馬はころりと変わって来ると言うわけです。

それでも高配当が当たってプラスになればいいじゃん。と言う人もいるかも知れませんが、 投資と言うのは「この事業・プロジェクトに資本を投下すると、どのくらいの確率で、どれだけのリターンが見込める」と言う事を事前に読めなきゃいけません。

株を買う時でも「現在の株価がいくらか知らないし、値上がりしそうかどうかもわからないけど、とにかく買おう」と言う馬鹿はいません。

自分の想定する結末に対して実現性が高いのかどうかを評価した上で資本を投下するのが投資です。

3連単にはオッズを動かすカモが居ない

3連単は高配当を生み出す馬券なので、一発の破壊力はすごいのですが、 そもそも皆が皆一発の破壊力がある高配当を期待しているわけではありません。

もちろん、当たった時の配当が高い方が良いのは誰しも同じなのですが、 配当が安くても頻繁に的中の喜びが味わえる馬券が良い人や、 単純に単勝や複勝で1頭だけを応援したい人もいるわけです。

そして、そういう人は間違っても3連単の本命馬券など買いません。 高配当が好きな人ばかりが3連単を買い、肝心の高配当の「源」を作ってくれる本命党がいないのです。 この事については3連単おすすめ出来ない買い方と特異点に詳しく書かれていますので参照してみて下さい。

要するに簡単に言うと導入当初の3連単と現在の3連単は状況が違っていて、 がっつり3連単の本命を買って、3連単高配当のオッズを釣り上げてくれる存在がいないと言う事です。

3連単の的中率の低さは資金の回転を鈍らす

回収率が110%と120%の人がいたとすると、大抵の人は回収率120%の人の方が良く儲かると考えてしまいます。 しかし、資金が何回転するかによって、それは答えが違って来るわけです。

回収率110%の人をAさん、回収率120%の人をBさんとします。どちらも1万円の資金で投資をスタートしたとします。

Aさんは的中率が高いので200円ずつ馬券を買いました。Bさんは的中率が低いので100円ずつ馬券を買いました。 お互いに100レースを消化した時に、Aさんは20000円投資に対して払い戻しが22000円となり、 Bさんは10000円投資に対して払い戻しが12000円となります。

投資した金額に対する利益の率は当然Bさんの方が良いですが、どちらも10000円が12000円になっている点は同じです。 勘違いしやすいので気をつけて欲しいのですが、Aさんも払い戻しの総額は22000ですが、手元にあるお金は12000円ですよ。

ちょっとややこしいですが、払い戻しの22000円の内20000円は元金ですからね、そして20000円と言ってもそれは1万円が2回転したと言う事で、 Aさんの方が用意した資金が多かったと言う事ではありません。

高配当が当たると嬉しい、興奮する、と言う人はそもそも投資に向かない

私も競馬ファンの一人なので馬券が当たれば興奮するし、高配当の馬券が当たれば嬉しい気持ちは良くわかります。 しかし、それと投資競馬をごっちゃにしてはいけません。

投資と言うのはあくまで将来得られるリターンに対して、資本を投下するべきかどうかの判断を行う事です。

楽しいとか、当たって気持ちよいと言う感情を得たいと思うのは、投資ではなく「快楽・快感の購入」です。 自分が真に望んでいるのが投資なのか、快楽の購入なのか、それは良く見極めておきましょう。

で、やっぱり自分は投資で利益を出したい、競馬は勝ってナンボだろ!と言う人は、 実際に馬券の収益だけで生計を立てているうまめし.comなどのサイトで、 投資に適した「攻守のバランスの取れた馬券」を学ぶのが良いと思います。

また、そうは言っても3連単にこだわりたいんだ!と言う人は、徹底的に投資期間を長期化させる作戦にするのが良いと思います。 先ほど3連単は本命党が少なくてカモになって貰えない話をしましたが、それならば中穴党の人達にカモになってもらえる大穴党になるのが生き残る道と言えそうです。

人間の真理として1着2着がかたそうなレースの場合、3着もかたい組み合わせを買いたくなります。 その裏をついて、接戦になりやすい3着をちょっとズラして買うのが中穴党ですよね、 でもそこでさらに裏を突いて全く人気馬が絡まないような馬券を1点2点の少ない点数で狙っていくわけです。

不的中期間が随分長くなり、かなりの忍耐力が必要とされるので、 やっぱり攻守のバランスに優れた馬券の買い方をマスターするのがベストなんでしょうね。

 - 投資競馬

  関連記事

枠連 追い上げ

枠連で追い上げするメリットデメリット 単勝の追い上げだと、9頭立てと18頭立ての …

夏競馬の特徴

競馬のレースの内容と言うのは実は季節によって違います。 例えば大レースの組まれる …

予想しない機械的投資競馬が成功するのか検証してみた

今回は全く自分で予想しないで、ワンパターン単純作業の機械的投資で投資競馬を行うと …

競馬で追い上げの成功率は序盤のスタート金額の低さに比例する

競馬で追い上げをする時には、例えば資金が15万円だとした場合、いきなり1万円から …

変則コロガシの異名を持つ金丸法で投資競馬

1.3倍を3回以内に当てるだけ。 マーチンゲールの法則の亜種に金丸法と呼ばれる手 …

投資競馬は勝ち逃げと全レース買いどちらにするべきか?

その昔、追い上げ式の馬券術が流行していた頃は、馬券的中=利益確定 という図式が成 …

投資競馬 タイム理論

投資競馬で利益を得るため、タイムに注目する馬券理論が有効な場合があります。 昔は …

競馬オッズ倍率別 勝率 10連勝率 10連敗率の一覧と計算

検索で競馬の「オッズ1.3倍の勝率」とか「1.5倍の勝つ確率」とかで調べている人 …

投資競馬追い上げで破産しない方法

追い上げなんてしなきゃ良かった!!! あなたは追い上げ式の投資競馬を試してみよう …

マーチンゲールの法則

全ての投資競馬の基本とも呼べるマーチンゲールの法則。基本的な考え方は、倍賭けと呼 …