追い上げ損切り方法

2015年3月6日

ハイどうも!ぶんじろうです!

投資競馬の世界では、損切りと言われる賭け金の上限を決めて投資を始める事がリスクヘッジになると本気で信じられていますが、実はそんな事は全然ありません!

賭け金の上限を決めるとはどう言う事かわからない方の為にほんの少しお話をしたいと思います。まず、あなたが100万円の投資資金を持っていたとします。

そして、マーチンゲールなりなんなりで、投資競馬を100円からスタートしたとします。
そして、ハズレが続いた時に200円・・・400円・・・800円・・・と賭け金が増えてきますよね?

例えば、損失の累計が10万円になったら、次のレースからは10万円を取り返せるだけの金額を賭けるのではなく、最初の100円に戻ったり、10万円の累 損を時間をかけて取り返す為に300円の賭け金とかから再スタートする方法を上限を決めたリスクヘッジと呼んでいます。

実は、この方法も全く効果はありません。なぜこんな子供騙しの方法がまかり通っているのか不思議です。

賭け金を増額しなければならない方法は、どんなに複雑にしようが、どんなに工夫を凝らそうが、結局「決められた回数内で必ず的中する事」が最低条件であり必須条件となります。

例えば「10回以内に的中する事が必須条件」だとして、本当にそれを実現する事ができるなら、賭けは行わず9回外れが続くのを待ち、10回目に借金をしまくってでもありったけの金をぶち込めば必ず当たって儲けが出ると言う事になります。

世の中には投資競馬の情報をE-bookやレポートにして販売しているサイトがあったり、投資競馬で飯食ってますなんて言う人の本が出ていたりしますが。

投資競馬で儲ける=決められた回数内で必ず的中できる

だと言う事を、賢明なあなたなら理解できると思います。例えば「4回に1回」当たるという のは、長期間の成績を通算すると、4回に1回の割合で当たっているのであって、3回外れたら次は必ず当たるという性質のものではありません。

決められた回数内で必ず的中できる」のであれば、間違いなくその人はビルゲイツよりもウォーレンバフェットよりも、孫正義よりも金持ちになっているはずです。

マーチンゲールや追い上げで損切りは効果的なのか検証でも書かれている通り、「投資競馬では絶対に絶対に絶対に長期間儲け続ける事はできません!これだけは私は命賭けてでも断言できますから!!