着順より着差に注目する予想法・馬券術

2019年3月16日

ハイどうも!投資競馬研究家ぶんじろうです!

馬券で勝つには競馬新聞の馬柱は着順よりも着差に注目!

競馬新聞をパッと開いた時に、ずらりと並んだ馬柱と呼ばれる成績欄の中で、馬名の次に大きな字で書かれているのが「着順」で、 やはり良い着順が多い馬は好走しやすいし、人気にもなりやすいので、多くの人が着順に注目している事が伺えます。

裏を返せば「競馬新聞で小さな字で書かれている情報」と言うのは初心者からは見落とされがちな情報であると言えます。

しかし、小さな字で書かれているからと言って「重要ではない」とは言い切れず、実は小さな字で書かれていて見落とされがちであるにも関わらず、 意外と馬券に直結しやすい情報もあります。

その中の1つが「着差」です。

着順は過去のレースにおいて、該当馬が何番目にゴールに入線したかを表す数字ですが、着差は1着馬から何秒差でゴールしたかを表す数字です。 (1着の馬は2着馬との着差を書かれていて、また新聞によっては秒数ではなく「ハナ」とか「4(馬身)」のような表現のものもありますが、意味は同じです)

例えば、同じ2着と言っても1着馬との着差が0.1秒の2着なのと、1.2秒ぐらい離された2着なのとでは、 実際にレースを見ても「惜しかったなぁ」と感じる度合いが随分と違ってくるものです。

また、着順自体は7着や8着の冴えない着順だったとしても、勝った馬から0.1秒や0.2秒差ぐらいの僅差の接戦だった事が伺える場合は、 次走では良い着順を狙える可能性は十分あります。

具体例を1つ挙げると、2014年8月10日の小倉競馬10レースのメイショウカイドウカップは、3歳以上1000万円以下条件のレースだったのですが、 2番人気のキンシノキセキが前走1000万特別で0.3秒差の4着だったのですが、4番人気のゴールデンムーンも前走1000万特別を走って0.5秒差の8着でした。

8着という数字はいかにも「凡走」のイメージですが、2番人気のキンシノキセキが勝ち馬から0.3秒差の競馬だった事を考えれば、 0.5秒差の競馬だったゴールデンムーンにも十分上位入線や下克上的なチャンスもあるという事が見えてきます。

実際にこのレースでは4番人気のゴールデンムーンが1着になり、2番人気のキンシノキセキは2着でした。 そして、3着に入線した6番人気のケイアイユニコーンも前走は1000万特別で6着でしたが着差は0.4秒だったので、上位争いの可能性は十分あったわけです。

このように着差がさほど大きく無い馬同士を比較する時は、思い切って人気の無い方をチョイスする事で、好配当を的中させる事も出来る場合があります。 もちろん、いつも上手く行くとは限りませんけどね。

結局競馬と言うのは皆と同じ馬券を買っていては儲からないので、出来るだけ他人の裏をかけるような馬券を買う必要があります。 それを考え方の基礎からうまめし.comの競馬必勝法で学ぶ事ができますので、興味があれば一度読んでみてください。