単勝オッズ1倍台で負ける馬の特徴

ハイどうも!投資競馬研究家ぶんじろうです!

単勝オッズが1.0から1.9倍の1倍台を示していると、どうしても「あぁ、この馬は強いんだな、高い確率で勝つんだろうな」と思ってしまいがちだけど、実際にはイメージほど単勝オッズ1倍台の馬は勝ってない。

ダントツ人気の馬でも平均すると3回に1回くらいは負けているんだ。

どんな1番人気が負けているのか?2019年の重賞レースで、負けた1倍台の馬を一覧にしてみたら、こんな感じになったよ。

それじゃこの中でいくつか共通する点を抜き出してみようか。

障害戦

やっぱり障害物をジャンプしないといけない障害戦は、落馬のリスクもあるし、先頭を走っていてもラストの障害でバランスを崩してしまったりというケースもあるだろうし、1倍台のオッズでもそう簡単に信用しない方が良いのかも。

マイル戦

障害戦の場合は負けても4着以内には来ているんだけど、マイル(1600m)戦の場合は結構大きく負けてしまう事が多いみたいだね。

マイル戦は短距離並のハイペースになってしまう事もあって、展開が噛み合わずに負けてしまうケースが多いんだよね。

意外と関係ない馬場状態

意外と関係なさそうに見えるのが馬場状態かな。もっと重馬場が並ぶかと思ったんだけど、殆どの場合は良馬場で、少なくとも2019年には道悪が原因で1倍台が飛んだと言えそうな重賞は見当たらないね!

前走弱メン相手に好走

前走に限った事では無いけど、1倍台で負けてしまった馬に多く共通するのは、メンバーの弱い相手に勝ったり接戦で上位になったりして、強いと勘違いされてしまう点。

今走は前走より相手が大幅に強化されていたり、同じようなメンバー構成でも前走は叩きだったライバルが今回は仕上がっていたり、そんな時に1倍台で負けやすい。

勝つ=強い

と思われがちだけど、展開が向けばそれほど強く無い馬でも勝ってしまうし、そういう馬が次走人気してると危険な1番人気になってしまうよね。

展開って何?という人は展開予想の考え方を読んでみるとわかりやすいよ!

全ての負ける1倍台を予知するのは難しいけど、ある程度目星が付く馬もいるね!とにかく前走の着順だけで強さを測っていてはいけないってのは確かだね!

馬券全通り買って資金配分するだけで儲かると言ったら、誰もが不可能だと笑った。しかし、動かぬ証拠を見せたとき彼らは…詳細を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする