競馬で人気割れしてる場合の買い方

2018年11月7日

ハイどうも!ぶんじろうです!

今日はね、競馬で人気が割れてる時の馬券の買い方について、一緒に考えていきたいと思います!

どの馬にもチャンスがありそうな人気割れのレースで、 「このレースは抜けた存在がいないから手広く買いましょう」と言う考え方ですが、 はっきり言って、これはあまり良い買い方じゃないね。

人気割れのレースと言うのはオッズがどの馬を買ってもそこそこつきます。

だから、手広く買っても利益が出るような錯覚をしがちだけど、しょせん「そこそこ」までしか 配当がつかないレースとも言える。

手広く行けば購入した馬券総額に対するリターンの金額は大したことがなくなってしまいます。たとえ50倍の馬券を当てて利益が500円よりも、 10倍しか当たってないけど5000円儲ける方が良いよね。

馬券は沢山買っても勝てない

フォーメーションなんかで数十点とかの買い目になる人も多いよね。

でも馬券って買い目を沢山買うと勝てない。買い目を増やせばもちろん当たるけどガミりやすくもなるしね。(ガミ≒トリガミ=的中したのに払戻額が馬券購入額を下回る事)

kondake-kaeba

それに、馬券が外れるのが嫌で買い目点数が多ければ多いほど、全空振りの不的中になった時はダメージが重くなるよね。じゃあ全空振りを無くすためにって、もっと買い目を増やして…と悪循環になりがち。

そうなると当たっても利益が出ないし、どの買い目も当たらなかった時の損害も大きくなる。これじゃ馬券で勝てるわけがない。

3連単を全通り買うとどうなるのか検証でも書いているように、普通は買い目の点数が増えれば増えるほど不利になるのが馬券ってもの。

実は三連単と馬単で絶対儲かる必ず当たる負けない方法 的中確率100%ですみたいな特殊な裏技もあるけどね。放っておくと増えてしまいがちな買い目点数、いったいどうやってコントロールして行けば良いのか?それはとっても簡単で「ハズレる覚悟を決める」って事が大切。

じいさん
野球で言えばボール球は振らないみたいなもんかの

馬券が外れるのは誰でも嫌だけど、嫌だ嫌だと思ってしまうと買い目がどんどん増えちゃう。でも逆に「外れるのが普通だ」と覚悟を決めると、自然に余計な買い目を削る方に思考が向くんだよね。

毎回当てようとするんじゃなくて、1日1回か2回の的中でも良いから、当たった時に損金を回収して大きく利益を出せるような買い方を心がけると良いよ。

攻撃は最大の防御なんて言葉があるけれど、馬券の場合は「買わない」と「当てる」以外に防御ができないでしょ。でも「当てる」の方は自分自身でコントロール出来ないから、「買わない」を上手く活用するのが勝ち組への近道なんだな。

じいさん
ついついあれもこれも買っちまうんだよなー

人気の割れたレースは他の人にとっても「どれが勝つかわからない」状態の レースだからこそ人気が割れてるから、 そんな「どれが勝つかわからないレース」は手広く買ってまで「当てに行く」必要ない。

逆に人気割れのレースだからこそ「絞って儲けを狙う」のが正しい。

手広く買えば買うほど馬券購入金額は増えるから、それでも馬券に絡む可能性のありそうな馬を全てカバーできるほど 手広く買えるかと言うと、そうも行かず「総抜け」の可能性も高いよね。

取りこぼしが嫌だ、外れるのが嫌だ、と手広く馬券を買った結果、 全部外れた時にダメージが大きくなり、当たっても手広く買っている分利益が他の不的中の買い目に相殺されて大して儲からないでしょ。

それに案外人気割れのレースでも終わってみれば1番人気2番人気のワンツー決着だった・・・なんてケースは履いて捨てるほどあります。

「人気割れレースと波乱レースは別物」だとわかっていない人があまりに多すぎます。

ぶんじろう
人気割れレースは低配当になりづらい分、高配当にもなりづらい。

当てよう当てようとすると、当たった時に儲けが小さく、外れた時の損失が大きくなります。 人気割れのレースでは「外れて当たり前」と割りきって馬券を買えるかどうかが長期的な勝敗を分けるんだよ。

関連のあるWebページ