競馬でお金を投資して稼ぐには大きく分けて3つのタイプがあって、期間はかかるけど何十億もの資産が継続的に安定して入ってくる方法もあれば、手軽に毎月数万円を稼ぐようなミニマムなものまで色々。

このページではその中でも投資競馬と呼ばれる馬券を使用する手法についてたっぷりと解説して行こうと思う。長いけど、あなたに得してもらいたいから、読み飛ばさずしっかり読んで行ってほしい。

そもそも投資競馬って何?という人は先に投資競馬とは?初心者の人は一度読んでみて!を読んでおくと良いかも。

投資競馬3タイプ

さきほども言ったように競馬に投資してお金を稼ぐには大きくわけて3つのタイプがある。

  1. 競馬関連株への投資
  2. 種牡馬ビジネスへの投資
  3. 馬券への投資

難しい用語は使わず、初心者でもわかるように簡単に解説するからから安心してね。じゃあ順番に説明していくよ!

競馬関連株への投資

競馬を主催しているのはJRAと、地方競馬なら各自治体なんだけど、競馬新聞は各新聞社が、券売機はトータリゼータエンジニアリング株式会社が、ネット投票の楽天競馬なら競馬モール株式会社が…と言った具合に、色んな会社が関わってるから、当然それらの会社には株主がいて、利益が出れば配当を得るよね。

ただ、一般人が買える上場した企業はそれほど多く無いんだけど、代表的なのは東京にある大井競馬場に土地を貸している東京都競馬株式会社っていう会社は東証一部に上場しているから、誰でも買える。

競馬場が移転しない限り、延々と賃貸料が入ってくる安定したビジネスモデルだよね。

ただ、逆に言うと最先端のベンチャー企業みたいに株価が急騰して大儲け…ともなりづらいし、株に関しての知識が無いとどうしても敷居が高いかも知れないね。

種牡馬ビジネスへの投資

馬主になってG1を勝つような名馬を所有できれば、その馬を種牡馬にして種付け料で稼ぎ、さらに自分の所有馬の牝馬にも種付けして所有馬を増やし、その仔からもG1馬が生まれれば、さらにその馬の種付け料で大儲け…

という成功すれば何十億単位の金が延々と入ってくるのが種牡馬ビジネスのおいしいところ。

ただ、まず馬主になる事自体がハードルが高く、一般的なサラリーマンには無理な話。

わりと少額でも参加できる一口馬主っていう仕組みがあるけど、一口馬主は最初の馬代と管理にかかる費用を出資者同士で割り勘にするので、一応一般人にも参加はしやすいものの、出資馬が引退すると、それはあなたではなく一口馬主会社のものになる。

つまり、出資馬がG1を勝ったら、レースの賞金は貰えるけど、一番美味しい種牡馬ビジネスへの入り口は閉ざされている事が大きな大きなネックになる。

馬券への投資

大きな資本金がなくても、株の知識がなくても、馬券は100円から買える。それに総理大臣であろうが社長であろうがニートであろうが、当たった馬券に対する配当額は完全に平等。

株は一件平等に見えてもお金を沢山持っていて大口の出資者の方が立場が強いし、競走馬を同じ値段で買った場合、値段が一緒でも馬の能力は千差万別。でも馬券は10倍のオッズなら誰が買ってもお金が10倍になる。

お金持ちでも庶民でも対等に戦う事ができるんだよね。

その馬券の買い方を工夫する事によって投資にしてしまおう!という考え方が投資競馬と呼ばれるようになったんだけど、投資競馬は普段一般的な競馬ファンがやってる「あの馬かわいいから買おう」とか「あの馬は強そうだから馬券を買おう」とか、そういう視点では成り立たない。

利益を安定して出し続けるためにはどうすれば良いか?という視点が必要なんだ。

以下で詳しく解説して行くね!

投資競馬の買い方

投資競馬において馬券の買い方というのは極めて重要です。単勝・複勝で的中しやすく攻めるのか、または三連単で高配当域を狙っていくのか、賭け金の設定にしても一定額の均等買いにするのか、または追い上げやコロガシのような変動タイプでいくのか。

遊びで買う馬券とは違うので、そこには合理的な理由が欲しいよね。

  • 馬券種と買い目点数
  • 賭け金設定
  • 買い目決定基準

ざっと考えただけでもこの3つは重要なポイントだよね。では順番に考察していこう!

馬券種

各馬券種の特徴を考えると、資金がそれほど多くない場合には単勝・複勝が正解だと思う。三連単の場合、どうしても多点買いになる事が多く、無理に点数を減らすと的中率が低くなるため資金の回転が悪くなるよね。

単純に控除率を考えても、単勝・複勝(20%)の方が三連単(27.5%)よりかなり有利だし。

競馬控除率の現在一覧 還元率 払戻率 JRAと地方競馬比較

単勝・複勝なら資金が少額であってもコツコツ4倍5倍は増やせるしね!

参考動画:競馬勝負コロガシで家を建てるチャレンジ

それに買い目が増えれば増えるほどリスクや手間も増える。

  • 買い間違いなどのリスク
  • 賭け金の計算や配分の手間
  • オッズ変動によるトリガミの発生リスク

そう考えると単勝・複勝の1点買いには余分なリスクが無いよね。競馬の三連単必勝法に向けての思考実験なんかを見ても、確実に稼ぐなら単勝・複勝が良さそう。

賭け金設定

賭け金の設定は一定額に固定して均等買いをするのか、それとも追い上げやコロガシのようにレース毎に変動させるのか、これもそれぞれにメリットデメリットがあるよね。

賭け金固定の均等買いの場合、なんと言っても連敗が発生しても資金が枯渇しづらいというメリットがあって、デメリットとしては大きく爆発的な増え方はしないし、不調期が長引くと、元の状態に戻るまでに時間がかかるって事かな。

追い上げのメリットは、均等買いだとマイナスになってしまうような的中成績でも、収支をプラスにできるという点だけど、逆に不調期が長引くと一瞬で資金を大きく失ってしまうというかなり厳しいデメリットがあるね。

追い上げって何?という人は、もっとも基本的なマーチンゲールについて解説しているマーチンゲールの法則とはを読んでみてね!

ほかにも競馬追い上げテクニックの種類で色んな賭け方を紹介してるよ!

コロガシのメリットは成功すれば爆発的に資金を増やす事ができる点だけど、逆に一度失敗すると、そこまでの苦労が水の泡になってしまうのがデメリットだね。

個人的には賭け金固定の均等買いが良いと思うんだけど、厳密に言うと固定ではなくて「追い下げ」と呼ばれる賭け金設定法がおすすめ。

追い下げってのは常に手持ち資金の◯パーセントを賭けるっていうやり方。

詳しくは競馬10パーセント投資法に書いたけど、調子が良くて資金が増えた時には賭け金を増やし、調子が悪くて資金が目減りしている時には賭け金を減らす方法。

この方法は不調が長引くと賭け金が少額になるので、そのぶんプラマイゼロの所に戻るまでには時間がかかってしまったりするんだけど、とにかく投資競馬で大切なのは破産しない事。

たとえ100円でもお金が残ってさえいれば復活の可能性はゼロじゃない。でも0円(正確には99円以下)だと可能性はゼロだからね。この差は大きいよ。

買い目決定基準

この買い目決定基準が一番重要なんじゃないかな。だって適切な「買うべき馬」を見抜く目があれば、賭け方や馬券種が少々雑でも儲かっちゃうんだよね。

買い目決定基準にも大きく分けて、

  • レース選び
  • 馬選び

の2つがあるよね。

大体の人は「どの馬を買おうかな?」ってことは考えるだろうけど、「どのレースを買おうかな?」という点については、わりといいかげんなんじゃないかな。

G1だったり、重賞だったりすると、無条件で買っちゃう人多いでしょ。

この買い目決定基準はかなり一言で伝授するのは難しいよね。単勝1番人気を買い続けましょう…とか、コンピ指数1位の馬を買い続けましょう…とか、そういうやり方はシンプルで迷わない一方で満足な結果を得るのは難しいんだよね。

時々インターネット上で予想会社とかが「極秘のルートから確かな情報を得ているので、我社に登録して配信される買い目の通り買えば儲かります」みたいなサイトをいっぱい出しているのを見るけど、ああいうのはダメ。

そもそも確かな情報を得ているっていうのが嘘だから。

テキトーな買い目を配信されて、ハズレたらさよなら。もし当たればお客さんは信用しちゃうからリピートしてごちそうさんっていうビジネスモデルなんだよね。だからあの手のサイトは短期間で消えていくらでも無数に新しいサイトが出てくるんだよ。

そもそも、ちゃんと自分の頭で投資対象を考えないで、他力本願なやり方をしちゃうって事は、投資家として失格だとぶんじろうは思うんだよね。

ほとんどの競馬ファンは信頼できる先生に基本から予想を学んだ事って無いよね?だからちゃんとした先生に教えてもらうだけで買い目選定技術に大きな差がつくよ!レース選びや馬選びについて基本から学ぶなら、ぶんじろうのおすすめは、うまめし.com 競馬必勝法だね。

Posted by Bunjiro