複勝ころがし1000円から増えるかやってみた

2019年3月16日

ハイどうも!投資競馬研究家ぶんじろうです!

今日はね、複勝ころがしで1000円からスタートして、何円まで増やす事が出来るのか、実際にちょっとチャレンジしてみたいと思います!

以前複勝ころがし何円スタートが理想的なのかで、1万円からスタートした方が効率的って話をしたんだけど、最近は1000円スタートが気軽に勝負できて気に入ってるんだよね。

当たり前だけど、1万円だと1発目の勝負でミスると、1000円スタートを10回連続でミスったのと同じダメージだからもったいない感じがする。

その分儲けは少なくなるけど、気分が楽なんで成功率は高いような気がするね。

では早速やって行こう!

…と思ったら早速2着払いの7頭立てかい!

※初心者のために解説しておくと、複勝は7頭立ての場合は2着までしか馬券の対象になりません。ただし、馬券発売時に8頭で競走除外により7頭になった場合は3着までが対象。

圧倒的人気なのは3番のコスモスカッシュなんだけど、ぶんじろう的にはアセロラチャンの方が上って可能性もワンチャンあると思ってる。

でもアセロラチャンが2着以内に来ても、多分相手は99%ぐらいの確率でコスモスカッシュだと思うから配当は複勝だと110円しか貰えない。

2着以内に来る2頭がもう分かってて、7頭立てで3着は関係無いんだから、もうこれ馬連買った方が絶対良いでしょ?

コロガシ1発目だから外れても「今までの苦労が…」っていうショックも無いし、この2頭の馬連が2倍ぐらいだから、110円の複勝ころがし8回分って考えたら、かなりコスパよくないですかコレ?

で、結果は思ったとおりアセロラチャンが終始主導権を握ってて、コスモスカッシュは向正面ではかなり手応え悪そうだったけど、直線はよく伸びて2着。

うん、いいね。

次のレースのオッズがこちら!

1番人気から3番人気までが結構強いメンバー構成で、これだと上位人気を買っても多分ガチガチの決着になって複勝じゃ配当が期待できないですね。

かといってこの3頭に割って入る可能性がある馬…も見当たらないし。また1番人気と2番人気の馬連で勝負してみましょうか?

今回は2回目なので1回目よりは慎重になってしまうんだけど、それでも1000円スタートの気軽さってのはこういう時に「まあいいや、行っちゃえ」って思いきれるのが良いよね。

失っても元は1000円だし、成功したら110円のコロガシ12回分に匹敵する資金増加率が、たった2レースで実現できちゃうわけだから、ここは馬連で行ってみよう!

結果は逃げるバージニアビーチをキーポジションが追いついて差すけれど、後続は何も来れずに結局この2頭の1着2着でした!

これで複勝1.1倍なら十数回は転がさないと実現出来ないぐらいのレベルに資金が膨らんだ事になるからね。馬鹿正直に複勝で転がしてたらまだ1100円だよ?1100円!

複勝ころがしで増やして行きたいんだけど、次も7頭立てだし、名古屋競馬じゃ頭数も少ないし無理があるね。ちょっと休憩。

さて、南関東の川崎競馬ナイターが始まったんで再開しましょうか。

でも川崎1レースは6頭立てなのでパス。終わってみれば6頭立てなのに1番人気も2番人気も飛んで複勝は大波乱!意外とチャンスだったかも?

川崎2レースはどの馬もちょっとセールスポイントに欠ける感じのレースで、そんな中でも騎手は若手で怖いけど、体調は良さそうなビマジョを狙ってみたいと思います!

ただねー、若手の騎手なんで全額1点で転がすのはリスクが高いから、分割コロガシで対応しようかな。分割コロガシ馬券術デュアルランチャーの威力!でやったような1レースで2頭買うんじゃなくて、レースを分けて2頭買う。

同じレースで2頭買う場合は両方の馬の複勝オッズが2倍以上ないと片方だけ当たってもマイナスになっちゃうけど、2レースと3レースで1頭ずつっていう買い方だと、まだ3レースの馬券は買ってないから1倍台でもオッケーになる。

結果は超大外ぶんまわしでギリギリ届かず4着。良い脚してたのにすごくもったいない!位置取りも仕掛けのタイミングも進路も全部納得がいかないけど、馬券が外れたのはその馬を選んだ自分の責任だと思わないとね。

まーでもこれも想定内だから分割しといて良かった。

次外したら終了だからレースよく吟味しないとねー。でもだからと言って「当てに行く」ような買い方をしちゃうと多分かえって良くないし、2.0倍以上欲しいっていうオッズのボーダーラインを意識し過ぎても上手くいかないと思うんだよね。

よーく吟味して選んだのは川崎5レース。

900m戦だからスタートでモタついちゃったら終わりなんだけど、1番人気はあまり先行できないタイプだし、2番人気は休み明けだから、意外と波乱の可能性もあるんじゃないかと思うんだけど、難しいのは人気馬が飛んだ時にどれが来るのかって事。

7番のサンモントレーは大井の1200m戦でもそんなに大きくはバテないし先行の脚もあるし、オッズの下限値も4倍以上でクリアしているし、何より騎手も信頼できる。

中途半端な馬を選んで後悔するぐらいなら、上手く行った時にメリットが大きい馬を選ぶってのも作戦の1つだと思うよ。

結果は予感した通り1番人気と2番人気がそろって圏外に消えちゃって、1番ロードグレイスが抜けて、その後2着3着争いは3頭横一線で、その中になんとサンモントレーがいる!

かなりの僅差だったけど、なんとか2着粘ってくれてて配当は820円もついた!ヤバイ!

1000円スタートで複勝ころがし(複勝以外もあるけど)で資金は15倍弱まで膨らんだぞ!

うん、やっぱりね、ある程度の配当を転がして行かないと、何度も何度も勝負しなきゃならなくなるし、勝負の回数が増えれば増えるほど思わぬアクシデントに遭遇する確率も自ずと増えて来ちゃうよな。

じいさん
おう、やっと盛り上がって来たじゃねえか、どんどん行くんだろ?
ぶんじろう
いやー気持ち良いところでやめとく!
じいさん
かー!つまんねえ男だな!
ぶんじろう
文句は金を返してから言ってくれよ!

複勝ころがしと金丸法