トリプル馬単が一番当たりやすい競馬場は門別競馬場

2019年3月16日

ハイどうも!投資競馬研究家ぶんじろうです!

SPAT4ロトのトリプル馬単が一番当たりやすい競馬場はどこか?と聞かれたら、私は門別競馬場だと答えます。

理由は南関東4競馬と比べて少頭数のレースが組まれる事が多いからです。門別競馬場も競馬場のサイズ的にはフルゲート16頭出走可能なんですが、なかなかそういうレースばかりではありません。

7頭立てとか8頭立てのレースがSPAT4LOTOの対象レースになる事が多く、10円あたり2500円ぐらいの配当で決着する日もあるんですよ。

最低ベット金額の50円で考えると12500円ぐらいですか、100円で考えると25000円程度の配当ですからね、わざわざ馬単を3つ当ててその配当が欲しいか?という話。

50円が10万円ぐらいになる日が多いので、南関東4場の50円が500万円になるようなケースを考えると全然インパクトがありません。

そもそも門別競馬自体が南関東4場と比べると馬券の売上が少ないので、たとえ人気の無い組み合わせばかりで決まっても配当の最高額がショボくなる可能性が高いです。

門別競馬のトリプル馬単売上は30万口ぐらいで、これが川崎競馬や大井競馬になると90万口とかになりますので、やはりそれだけ高配当が出る可能性が低いって事。

トリプル馬単の現在の控除率は30%です、つまり馬券を投票した人のお金を合算して、そこから3割を主催者が抜き、残りを的中者で分配するわけですが、ショボイ配当ならばトリプル馬単よりも控除率が優遇されている他の馬券を買った方が得策です。

ちなみに他の馬券の控除率は競馬控除率の現在一覧 還元率 払戻率 JRAと地方競馬比較で見る事ができます。

トリプル馬単という名前だから、控除率も馬単と同じぐらいなのかな?と思う人もいるかも知れませんが、そうではありませんので注意してください。

そんなわけで、当たりやすさで言えば少頭数の時の門別競馬場のトリプル馬単が一番当たりやすいと思いますが、そもそも当たりやすい馬券が良いならもっと他の馬券式別を買えよという事ですね。