プロ馬券師が新聞の馬柱で一番どこを見るのか

2019年3月16日

ハイどうも!投資競馬研究家ぶんじろうです!

今日はプロ馬券師とアマチュア馬券師では、競馬新聞やスポーツ新聞の馬柱を見る時の違いについて話します。プロ馬券師が新聞の馬柱で一番どこを見るのか?あなたは知っていますか?

以前競馬新聞1番重視するべきデータは?でも言いましたが、競馬新聞にはところ狭しとギッシリ情報が詰まっているので、アマチュア馬券師の人は何を重視して競馬予想を組み立てれば良いか迷います。

その結果大体の場合は近走の着順が良い馬ほど人気になる傾向がありますが、単純に近走の着順が良い馬を買っただけで儲かるぐらいなら、誰も苦労しません。

ならばプロ馬券師は何を一番見るのか、それは「近走の着順の理由」です。

アマチュア馬券師の多くは着順そのものを予想の根拠にしますが、着順というのは競走馬の能力を正確に表した数値であるとは限りません。

どういう事かと言うと、弱い馬でもハイペースで逃げると差しが決まるに書かれているように馬群に付いて行くのがやっとの馬でも展開が向けば上位に来ます。

逃げ馬がハイペースでドンドコ行くと、馬群の前にいる馬ほどバテやすい。前にいる逃げ・先行の馬がバテると差し・追い込みの馬は簡単に差せるという事や。

前走ただ展開が向いただけで上位に来た馬は、次で展開が向かなければ当然上位に来る事は出来ません。

でも多くの人は着順の数字そのものしか見ずに「理由」について深く調べたりしないので、人気を吸うだけ吸ってその馬は飛びます。

そういうレースでは順当に「本来順当に行けば能力上位」だったり「そのレースのメンバー的に展開利が望めそうな馬」だったりを買えば簡単に儲かるんですよ。

先日の中京競馬で行われた木曽川特別なんかも面白い例で、1番人気は前走1着のエトランドル。

kisogawa-tokubetsu2

2番人気は前走2着のヤマカツライデン。

kisogawa-tokubetsu1

着順の数字「だけ」を見ていればこの人気順は何も不思議ではありませんが、よく見るとエトランドルの1着は500万下条件でのもので、ヤマカツライデンの2着は1000万下条件のもの。

さらにもっと言えばヤマカツライデンの2走前には1000万下条件での1着もあります。着順の数字だけでは決してエトランドルが絶対的な優位であるとは言えません。

レースの結果は2番人気のヤマカツライデンが勝ち、1番人気のエトランドルは10着に大敗。展開も向きませんでした。

このように馬柱にはわかる人から見れば「どれを買えば儲かるかは書いてある」ように見えるのですが、そこまで知識レベルが高まっていないと単なる数字の羅列にしか見えないわけです。

だから競馬新聞やスポーツ新聞を単なる数字と印の羅列にしか見えないレベルから、勝ち馬が書かれて見えて来るレベルにステップアップするためには私と同じようにうまめし.com 競馬必勝法でしっかり基礎を学ぶ事をおすすめします。