プロ馬券師は単複で勝てて一人前だと思う

2019年3月16日

ハイどうも!投資競馬研究家ぶんじろうです!

以前競馬勝ち組の券種選びとか、プロ馬券師の買い方でも馬券式別については色々と言ってきましたが、極論を言えばどの馬券式別であっても勝てればOKなんですよ。

でも、やっぱりプロ馬券師としては単複で勝てるだけの実力が備わってこそ一人前なんじゃないかなという気持ちもあります。

なぜ、そんな事を思ったかと言うと、うまめし.comの北村さんが高知競馬に旅打ち遠征に行かれた記事高知競馬 旅打ち 馬券勝負レポート J-PLACE高知も同時体験を読んでそう感じました。

大阪から高知まで新幹線と特急を取り次いで、往復2万円ほどかかったそうですが、それを単勝馬券一発勝負だけで回収してさらに利益を出しています。

umameshi-kochi-baken

(上記画像はうまめし.comのサイト内記事高知競馬 旅打ち 馬券勝負レポート J-PLACE高知も同時体験より引用)

例えばあなたがほぼ無一文になったと仮定して、そこから這い上がろうと思った時にいわゆる3連単で手広く網を張るようなタイプの賭け方だと的中率が低くて資金の回転が悪いんですよ。

でも単複で高い的中率をキープできれば、用意できた元手が少なかったとしても比較的すぐに復活できる可能性があります。

ただ馬券収支がプラスってだけじゃ威張れないんですよね。

なんと言うかプロ野球の選手でも1軍の選手とファーム(2軍などの養成選手)ではやっぱり持ってるポテンシャルからしてレベルが違うと思うんですよね。

単複では何が重要なのか?

単複馬券を買う時に何が重要なのかを考えた時に、やはり無駄打ちをしないという事があるんじゃないかと思うんですよね。

単勝1点買いの的中率って、馬単1着固定で2着総流しの馬券と全く同じじゃないですか、相手を総流しする状態でトリガミにならないように勝てるって事は軸を見抜く力が相当必要なんですよ。

だからかなりの確信を持って単複馬券が買えるかどうかってすごく重要で、アチャー!外れた!みたいなレベルの低い意識だとまず無理です。

では無駄打ちをしないためにはどうしたら良いかというと、やはり当たり前ですが買うべきレースと買ってはいけないレースとが判別できないとダメですよね。

馬券生活者ゆうぞうさんの荒れるレースと硬いレースの見分け方とかも勉強になりますよ。