前走不利馬を追いかける ギャンブルの必勝法は目印をつける事

2019年3月16日

ハイどうも!投資競馬研究家ぶんじろうです!

競馬で儲けるには「前走不利を受けた馬」を追いかけるのは結構効果的です。

例えばババ抜きのようなトランプゲームで勝負する場合、カードの背面に何かしら傷やマーキングで目印をつけていれば、まず負ける事はありませんよね。そう、トランプや麻雀などの競技では目印をつけると言うイカサマは常套手段であり、ある意味必勝法なわけです。

ならば、それを競馬でもやらない手はありませんよねって話なんですよ。どういう事かと言うと、普通多くの人は競馬新聞やJRAのオフィシャルWEBサイトの馬柱を見て、前走の着順の数字が強さのバロメーターであると認識するわけです。

しかし、その着順が全力を発揮した上で得た着順なのか、それともその馬の能力を正しく反映しているとは言いがたい着順なのか、それによっては同じ着順の数値であっても「意味」が全く違ってきます。

当然の事ですが、前走の着順が良い馬は人気しますし、勝ちやすいです。そして、前走の着順が悪い馬は人気しませんし、勝ちにくいです。でも、前走は不利を受けたりして不本意な成績に甘んじてしまっただけの馬と言うのは着順の数字が悪いので人気しないけれど、スムーズに走れれば強いので勝ちやすいです。

オッズの高い馬の馬券が、高い確率で当たるようになれば、はっきり言って馬券で儲からない方がおかしいわけですよね。普通の人は、高い確率で当たるけれど安い馬券、または配当は高いけど当たらない馬券、そんな馬券ばっかり買ってるから平凡な回収率に収束していきます。

カードに目印をつけるように、レースを見ている時は自分の買った馬ばかりではなく、有力な馬が全力を発揮した走りをしているかどうか、一瞬の判断な進路取りのミスで思わぬ着順になっていないか、そういうところに目を光らせて、リストアップしておけば、次走その馬が出走した時にはチャンスが拾えます。

1回1回のレースで短期勝負をするのではなく、1頭に目を付けて追いかける、そういう買い方もアリって事です。いくら展開を考えて一発必中を狙っても、そうそう自分の思い通りの展開になるレースばかりではありませんからね。

実力を発揮しさえすれば勝てる。

そういう馬を、充分なオッズが確保されている状態で買い続けていれば、必然的に馬券の回収率は改善して行かざるを得ないわけですよ、簡単な話ですよね。

ただ、気を付けて欲しいのは「とにかく前走不利を受けた馬を買えば良いんだな」と誤解しないで欲しいと言う事です。不利が無ければ勝っていたであろうと言うような実力のある馬を次回以降に狙うから意味があるのであって、弱い馬が不利を受けて着順を落としたところで、それは次回以降も凡走するからです。

要するに、不利を受けたのが敗因なのか、弱かったのが敗因なのか、そのへんをレースVTRなどを見て判断できるだけのスキルが無ければ前走不利馬を買ったところで馬券で儲ける事はできないって事です。