複勝馬券術

2019年3月16日

ハイどうも!投資競馬研究家ぶんじろうです!

今日は複勝馬券術について書きたいと思います。「当てたくて複勝買ってるのに、全然馬券が当たらないよ!」と言う人に役立つかも知れません。

まず、複勝ならよく当たるとか、単勝と比べて複勝なら少々甘い予想でも当たるとか、そういう考え方は捨ててしまった方がベターです。

中央競馬の統計を取ると、単勝1番人気が勝つ確率と、単勝4番人気が3着以内に入る確率が大体同じぐらいなんですよね。なので、昔4番人気の複勝で追い上げした事がありますが、体感する「当たりやすさ」は確かに単勝1番人気の追い上げをしていた時と似ていました。

4番人気の複勝と言う事は、自分の買った馬は、馬券購入者たちの評価として4番手と言う事なので、順当な結果に収まってはじめて4着の椅子に座る事ができる馬だと言う事です。

要するに1番人気から3番人気の馬がきちんと走ってしまうと、4番人気の出番はありません。そのくせレース中にちょっとミスやロスが発生するとたちまち掲示板圏外に消えてしまうわけです。

そんな訳で4番人気はダメだな、3番人気にしてみよう。と3番人気を買いつづける方法も試した事があるのですが、確かに4番人気を買っていた時よりは少し的中しやすさがアップした感じがあります。

でも、やはり「3着までOK」という複勝の特性上、3番人気と言うのは1番人気や2番人気と比べてもオッズが魅力的と言えるほどには大きくありません。若干配当が多いけど、、、という程度です。

結局、どの人気レンジを狙ったとしても、一定の人気順を買いつづけるだけでは的中や儲けには結びつかないと言う結論に達します。

競馬のマーチンゲールで年間収支トータルプラスでは1番人気の複勝追い上げで年間の馬券収支をプラスにする方法が考察されています。この記事を参考にすると、追い上げをする人だけでなく、私のように均等買いをする人も「レースを絞る」と言う事は結構重要なんじゃないかと思ったわけです。

問題はレースの絞り方で、単純に1日1レースとかに参加数を減らせば良いかというと、それではレースを絞った効果はあまり実感できないと思います。

先ほどの4番人気の例で言うと、全ての4番人気を買うのではなく、1番人気から3番人気までが比較的不安要素を多分に含んでいると考えられるレースで、なおかつ4番人気の馬が過小評価されていると思うレースだけに馬券投資を絞り込む事により馬券成績は向上していくはずです。

実際に現場で役立つ方法としてはうまめし.com 競馬必勝法を参考にしてみて欲しいです。競馬で勝ち組になっている人の多くが実践しているやり方なので、ぜひ学んでみてください。