競馬ころがし必勝法 単勝 複勝 ワイドなら3日で1万円を10万円に出来る!

ハイどうも!投資競馬研究家ぶんじろうです!

今回は競馬ころがし必勝法について話します!ころがしとは馬券を連続して的中させて雪だるま式に資金を増やす方法で『転がし』・『コロガシ』と書く人も多いし、『逆マーチンゲール法』と呼ぶ事もあるけど、全部同じ意味なんだ。

ころがしとは何か?

そもそもころがしとは何か?を知らない人のために簡単に説明をしますので、すでにころがしが何か知ってるよと言う人は読み飛ばしてもらってOK。

ころがしとは、最初のレースに賭けて当たった分のお金を、そっくりそのまま次のレースに賭けて、雪だるま式(複利的)にお金を増やして行こうとする馬券術の事。

つまり、お金を増やしている途中で馬券が外れた場合、一気に獲得した全額を失ってしまうので、通常は的中率の高い単勝・複勝・ワイドあたりの馬券が使用される事が多いね。

画像で説明すると以下のような感じ。

最初は1万円からスタートしたとすると…

的中して、10000円→15000円になりました。

また的中して、15000円→18000円になりました。

このように賭けていくと、10000円からスタートした資金が、3レース目的中して39600円まで膨らんだよね。これが『ころがし』だよ。

例えば2.2倍の馬券を3回連続で的中させると、1万円が10万円になるし、3.3倍の馬券を2回連続で当てても1万円は10万円になる。

1日1レース、2.2倍を当てれば、3日で1万円が10万円になる。それがころがしの威力。6.6倍ワイドの3点買いでも良いし、4.4倍の単勝2点買いでも同じ結果になるね。

6.6倍の3点買いが、なぜ2.2倍の1点買いと同じ意味になるのかが分からない人は、次のリンク先の合成オッズとは?の項目を読んでみてね!

分割ころがしとは?

ころがしにも色々と種類があって、

  • 普通に全額転がしていくタイプ
  • 資金を何分割かに分けてミスを許容できるようにするタイプ
  • 利益をいくらかずつ抜きながら転がしを続行するタイプ

全額転がして行くのが、一般的に『コロガシ』と呼ばれる方法だね。

分割ころがしでは『金丸法』とか『デュアルランチャー馬券術』がある。

ある程度資金が増えたら元本を抜いたり、少しずつ利益を保全しておく方法もあって、これは『ストック型』なんて呼ばれたりもするよ。

詳しい解説

複勝にこだわる必要なし

よし!複勝ころがしをやってみるぞ!と思った人が陥りがちなのは、他の馬券種の方が向いているレースでも、視野が狭くなってしまって複勝を買ってしまうミス。

例えば複勝1.0-1.1みたいな堅いとは思うけどオッズが厳しいなぁ…という時は、思い切って単勝やワイドで利益を大きく伸ばすチャレンジ精神も忘れないで欲しい。

参考:ワイドころがし投資競馬実践

実は的中率より回収率が重要

ころがしって馬券が外れると終了っていうイメージから、どうしても的中率の方が重視されがちだけど、実はそうじゃ無い。

簡単にいうと、長い目で見た時に、同じ的中率なら的中時のオッズが高くないと、ころがし失敗時の損失が回収できないって事。

的中率が高くても低くても、何度もチャレンジしてれば複勝ころがしはいずれ成功する。

たとえば5回ころがしなら的中率75%の人なら5回に1回成功するし、的中率50%の人でも33回に1回は成功する。

低いオッズしか当てれないと、5回に1回成功しても失敗4回分の損失を回収できないし、逆に高いオッズばかりで転がせば、33回に1回しかころがしが成功しなくても失敗33回分の損失を回収してさらに利益も得られるって事。

結局モノをいうのは「回収率の高い予想ができるかどうか」なんだよね。

一発目は本命より穴馬を狙え!

ころがしは馬券が的中し続ければ、掛け算で資金が増えて行く。掛け算は掛ける順番が違っても結果は同じ(2×4も4×2も答えは8)だから、順番は関係ないように思う。

けど実際には1.1倍を何度も何度も転がし成功させて膨らんだ金を、そこそこオッズの高い馬に賭けるのはメンタル的にかなりきついよね。

だから、最初の一発目にできるだけ好配当を当てておいた方が心理的には楽なんだ。

でも堅い馬でも狙い方次第でけっこう転がるよ!

【競馬コロガシ】家を建てるチャレンジ【#1】

馬券全通り買って資金配分するだけで儲かると言ったら、誰もが不可能だと笑った。しかし、動かぬ証拠を見せたとき彼らは…詳細を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする