投資競馬開始前に不的中を見送る方法

2015年3月6日

ハイどうも!ぶんじろうです!

一番の危機回避法は買わない事だから・・・

マーチンゲールの法則や追い上げ系の投資競馬では、 バクチ用語の「見(けん)」にあたるパスを使うケースがあります。

まず、朝一で競馬場に出向いたとします。
その気になれば1レースから馬券を買える状況です。

しかし、馬券は買わずにレースを見守ります。 そして、例えば1番人気の馬など投資対象が馬券として外れるのを待ちます。 つまり買ったつもりでレースだけ見るわけです。

見事見送ったレースが「ハズレ」だった場合、
1回分の無駄な投資を省く事が出来るわけですね。

もし、「買ってたら当たってた」場合などは、 再び「買わなくて良かった」状況になるまでレースを見送ります。

こんな事をして何になるかと言うと、 当然、マーチンゲールなどの馬券術は段々金額を上げて行くわけですから、 1レースでも不的中を減らせば用意するべきお金が少なくて済みます。

ピンチと一緒にチャンスもバッサリ・・・

例えば単純な倍賭けの場合なんかだと、 確かにこの方法は実際なら20万円使わなければならなかったケースで、 10万円で同じ効果を得る事ができる方法です。

しかし!!!

この方法のデメリットは100円で一発的中できたはずのレースさえも切ってしまう結果になる事です。 そして、例えば10レース連続不的中に耐えられるだけの資金量があったとしても、

結局蓋を開けてみれば投資対象は20連敗だった・・・と言うケースでは 用意した投資金額をどっちにしても全部失ってしまうと言う事です。

それに、一見上手く機能しているように見えるこの方法ですが、 実は単に試行回数を減らしているだけと言う事に気付かねばなりません。

試行回数を減らすと言う事は、すなわち「パンクまでの日数」は稼げても、 「パンクまでのレース数」は別になんら変わりが無いと言う事。

要するに、レースを見送ったところで投資競馬の成功には何の役にも立たないのです。

負けるレースを減らせる代わりに、儲けるレースも減るわけですからね。 時々、例えば単勝1番人気は過去に28連敗が最高だから・・・じゃー20連敗したあたりから賭けに 参加すれば負ける事はないぞ・・・と言う話をしている人がいますが、これ大間違いです。

確かに、20連敗後に賭けに参加すれば最高で8連敗しかありません・・・・過去は! 今後単勝1番人気が40連敗しない保証があるのでしょうか?

1億円で利益は8万・・・

しかも20連敗ってそうそう起きるものではありません。 つまり、これも同じですよね、損するレースを減らす代わりに儲けれるレースを捨て、 ただ試行回数を減らしているだけなのです。

これに気付かずにある程度連敗するのを待って・・・などと言ってると痛い目にあいます。 そして、ギャンブルとしては当然の考え方なのですが、どう考えても連敗している不調時よりも、 連勝している好調時の方が金額を上げるに値すると思います。

ま、とにかく根っこの部分が「追い上げ」である投資競馬法は絶対に手を出さないでください。 儲けれると言い張る人もいますが、そんなレベルの浅い人を相手にしないでください。

例えば、資金が1億程度あり、参加するのは週に1~2レース程度、 しかもレースは厳しく厳選して見送ることもある・・・そして、スタートは100円・・・

こんなタイプの人であれば、年間100レースほど消化する事になりますね。 10年で1000レース、20年で2000レース、もしかしたら20年ぐらいは「逃げ切れる」かも知れません。

ただ、狙う配当が2.0倍で的中率が40%だとすると、逃げ切れた時に資金が 1億円から1億8万円になってるだけですが!(笑)

私や私の師匠は年間地方競馬も入れると3000レース以上は買っているでしょうか、 それでも回収率は定額買いで100%以上をキープしています。

私の師匠なので、決して悪い人ではありません。
安心してアクセスしてください。
↓↓↓
うまめし.com 競馬必勝法