まとめ買いを可能にした並列追い上げ法

2015年3月6日

ハイどうも!ぶんじろうです!

一度に12個の賭けを行う投資法。

一時期脚光を浴びたのがマーチンゲールの法則・並列追い上げ法です。 この並列追い上げ法とは特に決まった名前がありませんので、便宜上こう読んでいます。

さて、並列追い上げ法とはどんな投資競馬法なのでしょうか?

通常のマーチンゲールの法則であれば、1レースが終ったら次は2レース、それが終れば3レース・・・と レースの順番にマーチンゲールを行います。(つまり直列)

つまり、利益が出るまではずっと競馬場なりPATなりで競馬をやってなくてはなりません。

しかし、並列追い上げ法であれば、1日目は1レースから12レースまでを100円づつ買っておきます。 最初に全レースの馬券を購入するので競馬開催中にずっと競馬場やPATにはりついておく必要はありません。

そして、一日が終って当たったレースと外れたレースが明らかになりますよね。 仮にここでは1レース2レース10レースが当たったとしましょう。

この場合次の競馬開催日には、1レースと2レースと10レースは賭け金を100円、 他の3~9・11・12レースは200円にUPします。

12個のマーチンゲールの法則を1日1レースづつやっていくわけですね。 もちろん直前のオッズはわからないので、一番よくみかけた意見は買い目はコンピ指数で 決めて、賭け金は倍賭けでやっていく方法でした。

チャンスよりもピンチが増えた!

この方法だと例えば不調のレース、例えば5Rが長らく当たらなかったとしても、 他の好調レースの利益で損失をカバーできる可能性もあります。

しかし、現実には一度に2つ3つのピンチに襲われる事も珍しくないわけです。 やっぱりこの方法を使っても全体の賭け金がどんどん膨らみ・・・ いずれはお決まりのパンクパターンです。

むしろ直列法の時のように「的中したら帰る」みたいなルールが無い分、 利益が全然出て来ない上に破綻へのスピードは加速してしまいます。

それに競馬と言うのは未勝利戦よりも500万条件1000万条件と クラスが上がるに連れて1番人気の勝率は下がっていきます。 (相手関係が厳しくなりますから、当然の結果でしょう)

ですから、並列式の投資競馬法だと午前中の部は順調でも、 午後の部の損失がどんどん大きくなる事も珍しくありません。

つまり、1日中PATやWINSに拘束されないと言う以上のメリットは何も無いのです。 なので、賭け金を上げ続けていくような馬券術だけは絶対に手を出さないでください!

1日中競馬が出来ないなら、1日1レースに絞れば良いですし、 全レース均等買いならはじめから全レースをいっぺんに買えますよ。

「追い上げ系の馬券術で良い方法ないかな~? 」と言う視点を一旦壊して、 「追い上げなくても勝てる方法ないかな~?」と言う視点を持ってみてください。

そんな追い上げ式の投資競馬法など使わなくても競馬はちゃんと勝てるんです。 やり方がわからない人は↓のサイトにアクセスしてください、私の師匠に教えてもらえますよ。
↓↓↓
うまめし.com 競馬必勝法