ココモ式(フィボナッチ係数)で投資競馬

2015年3月6日

ハイどうも!ぶんじろうです!

あなたはフィボナッチ係数をご存知ですか? 自然界で植物などが不思議とこの係数の並びと関係があると言う不思議な数字です。

1・1・2・3・5・8・13・21・34・55・89・144・・・

・・・と、前の数字2つを足した数字が次に来る数列です。 これを投資競馬に応用したのがココモ式と呼ばれる賭け方。

100円・100円・200円・300円・・・・と配当3倍以上の目を狙って賭けていくわけです。 そうすると3倍以上が的中すれば利益が出るわけですね。

狙う目が3倍と言う事もあり、賭け金があまり一気には上昇しません。 1日全レース外れても倍賭けと比べれば大した金額にはならないのです。

ただ・・・、

当然狙う配当が3倍ということは、それだけ当たり難いわけで、 結局不的中が続き資金がパンクを起こす・・・と言うお決まりのパターンになってしまいます。

なーんだ、やっぱりダメか・・・と落胆するのはまだ早いですよ。

視点を変えなければ見える景色は同じ・・・

そもそもなんで賭け金を上げていかなければならないかと言うと、 3倍の馬券が4回に1回のペースでしか当たらないから賭け金をタイミングよく高くして利益を伸ばそうと みんな必死になってるわけですよね。

でも、3倍の馬券を3回に1回のペースで当てれれば、 少なくとも定額の均等買いで損失が出る事はありません。

4回に1回のペースで当たるなら、その内1回のハズレるレースをパスできれば、 3回に1回のペースで当たる事になります。 (もちろん言うほど簡単ではありませんが・・・)

また、1日12レースあれば大体3倍の馬券なら3回当たる計算になりますが、 これを4回当てればOKなわけですよね。 (当然、これもそう簡単に出来はしませんが・・・)

しかし、「賭け金を上げるしか正解は無い!」と考えてしまっていると、 目の前にある「本当の正解」を見逃してしまいます。

投資競馬は賭け金をじょじょに上げていく投資法では絶対に成功しません。 それは命賭けて言えます。

仮に上手く行っているように見えても、それはレースを極端に絞っていて試行回数が少ないから。

競馬は毎レース一定額を賭け続けて収支がプラスになる方法でなければ 絶対に長期間安定して利益を得る事はできません。

脂肪切除手術でスリムな体になっても、生活習慣を改善しなければ元の体に戻ってしまうのと同様、 馬券の買い方・馬券術自体を見直さないと一時は上手く行ったように見えてもまたパンクを起こすのです。

さて、ではどのように馬券の買い目抽出方法を改善していけば良いのでしょうか? それは↓のオススメサイトに詳しく載ってありますので、じっくり読んでみてください。

管理人のオススメ 賭け金一定で永続的に儲ける必勝法を求めているのなら必読のWEBサイトです。
↓↓↓
うまめし.com 競馬必勝法