名古屋競馬 傾向と対策 馬券攻略

2018年11月7日

ハイどうも!ぶんじろうです!

​​​​​名古屋競馬の傾向

  • 少頭数のレースが多く配当は安め
  • 1400mのレースが多い
  • 直線短く圧倒的に逃げ馬が有利
  • 馬券売上少なめで大口勝負は不向き
  • 1番人気の信頼度高い
  • 締め切り0分前で本命サイドのオッズ急降下頻発注意

名古屋競馬の馬券対策

  • 基本的に笠松所属馬は人気でも消し
  • 人気の岡部は来ないか、来ても旨味なし
  • 移籍馬多数のレースは新聞印を信用するな
  • 1400mだと思い込まず、レース距離は必ず確認
  • 差し馬、追い込み馬はまずは疑ってかかれ

一見笠松馬で強そうに見える程度のレベルの馬は名古屋では通用しづらい、相当な実力が無い限りは消してこそ妙味。岡部は実力馬に乗るし、上手い騎手ではあるが、常に過剰に人気する傾向があるし、南関東などでの騎乗も増えて低額賞金ではやる気が起きないとしても頷ける話。

また他場やJRAからの移籍馬が多く出走しているレースでは、オッズや新聞の印はあまりアテにならない。

あとよくあるミスで1400m戦が多いのでレース距離を1400mだと思い込んで予想したら、意に反して800m戦で「差し馬買ったのにどうしてくれる!」となるので注意が必要。

距離に限らず差し馬や追い込み馬は、人気でもまずは最初から信用せずに疑ってかかる方がベター。

関連の深いWebページ