複勝ころがし中でも単勝を狙う柔軟性

2018年11月7日

ハイどうも!ぶんじろうです!

複勝ころがしを実践している時に、明らかにワイドや単勝などの他の馬券種を買った方が良いのに、頭が複勝ころがしモードになっていて、ついつい損な複勝を買ってしまう場合があるので注意して欲しいですね。

今日は、昨日の分割コロガシ馬券術デュアルランチャーの威力!で軍資金が410%増加したので、これをもうひと転がししたくて狙えそうなレースを探していました。

そこで川崎競馬2Rのトーセンアスターが堅そうなんで転がそうと思ったところ、複勝オッズを見るとその時は複勝の下限オッズが1.0倍だったんですよ。

もちろん人気薄とセットで来てくれれば1.1倍ぐらいはつくかも知れませんが、うーんそれでもあんまり嬉しくはないオッズなので、一旦は諦めかけました。

でもよく考えてみればべつにこれだけ堅そうな馬なら無理に複勝縛りプレイしなくても、単勝が1.7倍ぐらいつくなら充分なオッズなんですよね。

という事で4100円を全額トーセンアスターの単勝に突っ込みました。

投票し終えて改めてオッズを見ると…

なんと1.3倍にまで下がっています!ええぇ…、まあ結局締め切り後には1.4倍になったんですが、元々の1.7倍から言うとかなりお得感がありませんね…。

でもま、レースの方は危なげない展開でしっかり完勝!

これで元の軍資金から言うと578%の資金増加率を達成!

ふと複勝の配当を見るとトーセンアスターの複勝は130円ついていて、うーん、まあ単勝の方が低いというオチじゃなかっただけマシではあるんですが、こういう時の判断は結構難しいですよねー。

ぶんじろう
ここで一旦仕切りなおせば6回ほどコロガシ失敗してもトントンなんだよねー
女の子
この止め時の見極めが難しいのよね!