自動的にお金を増やし続ける馬券マシーンを作りたい

2018年11月7日

ハイどうも!ぶんじろうです!

色々考えたんだけど、ぶんじろうはこのブログの方針をガラッと変えようと思います。そして最終目標としては、人工知能が勝手に競馬予想をしてくれて、馬券投票も勝手にしてくれて、投票結果はメールで受け取って、人間は放ったらかしでレース観戦だけしてれば勝手にお金が増える事。

まあ、そこまでは無理かも知れないけど、競馬で勝てる予想ソフトを生み出したいと思うようになりました。

今まで競馬をやって来て、例えば年々蓄積される経験ってあるよね。

たとえばパドックで馬の調子や良し悪しを見分ける能力は、確実に年々蓄積されてるし、血統的な特徴なんかも、その種牡馬の現役時代を知ってるから把握しやすかったり。

だけど、逆に年々衰えていく部分もあって、ぶんじろうの場合は視力とか、記憶力とか、閃きとか、あと傾向の変化にも敏感に対応できなくなったりとか。

それに今はネットやITが発達していて、いろんな予想サービスや分析サービスなんかも出てて、この衰えていく自分では今後互角に戦っていく事は難しいなと思ったんだよね。

その昔、まだパソコンがウィンドウズ95とかの時に、全然パソコン使えない人たちの金を、パソコンで予想ソフトが使える電脳馬券師がガッツリ勝ち取って行った時代があって、今まさに第二のそういう時代が来ているんじゃないか?と思うようになってね。

だから自分で人工知能や馬券マシーンを作ってみようと思ったんだ。

実はもう巷には勝手に予想して、自動投票してくれて、何もしなくてOKっていうシステムは存在(もちろん収支に関して保証はない)するんだけど、月額費用が発生するし、1レースあたりいくらというコストもかかってきてて、それって月会費のある有料予想屋と同じじゃないか?って思ってね。

やっぱり予想のアルゴリズムの部分がブラックボックスになってるのって気持ち悪い。

だから自分の手で作って行こうと思う。