馬券税金が課税される目安の金額と課税回避できる金額や参加レース数の目安

ハイどうも!ぶんじろうです!

競馬雑誌やネット上でも日本各地で行われている馬券裁判に関する記事を読むと、今のルールじゃ普通の人まで脱税者になっちゃうよ!という声をみかけます。

本当にそうなのでしょうか?ちょっと計算してみました。まずは馬券購入者のかなりの割合を占めるであろう、年金を貰って生活している人が、平日は地方競馬、土日は中央競馬をだいたい1日20レースほど買って、大体1レースあたり馬連5点購入したらどうなるか?をシミュレーションしてみました。

馬券税金額計算表6はい、ご覧の通り馬券では70万円のマイナスですが、見事課税対象額が200万円を越え、支払う税金額は数十万円にのぼる結果となりました。

では続いて、馬券を買うのは土日の中央だけ、でも東西のほぼ全レース購入してて、三連単96点買いで万馬券を狙う人はどうでしょうか?

馬券税金額計算表5なんと、馬券で年間400万円の損害が出ているのにも関わらず、課税対象額が2000万円近い結果になってしまいました!支払う税金の金額は馬券以外の年収によってパーセンテージが違いますが、間違いなく数百万円単位の税額になると思われます。

ではでは、馬券を買うのは土日の中央競馬だけ、そしてミーハーで、馬券が外れるのも嫌なので、ほぼ1番人気の複勝ばっかり買い、しかも金額は100円しか使いません。という人ではどうでしょうか?

馬券税金額計算表4はい、そういう人は全然セーフですね。税金の心配をする事はまったくありません。今後も堂々と競馬を楽しんでください。

では、上記のような買い方でも、平日も土日も毎日365日競馬やってる場合はどうなるか?

馬券税金額計算表1はい、この場合も馬券の税金を気にする事はまったくありませんね。1日あたり20レースで計算してますが、1日40レースやっても大丈夫なぐらい余裕です。

では、もっとライトな競馬ファンではどうでしょうか?普段は馬券は買わないけれど、有馬記念だけは馬券を買うよ!という人も多いかと思いますが、有馬記念で好きな馬に複勝10万買うだけで、他に馬券は一切買わない人の場合は、

馬券税金額計算表210万円突っ込んで20万円になって戻ってきたとしたら10万円の儲けですが、実質的な利益が発生していても課税の対象にはなりません。

特筆すべきところは、今回先程まで紹介した例では、馬券の収支がマイナスであるにも関わらず税金が発生するのに、有馬記念しか買わない人は儲かっているのに税金が発生しないという点です。

しかし、馬券ってのは払い戻しの際に国庫納付金という国の取り分を差し引かれていますので、馬券を沢山買っている人はそれだけ国庫納付金に貢献しているわけですが、今のルールでは滅多に国庫納付金に貢献しない人の方が税金で有利になるという事です。

うーん、やっぱり現行の課税ルールって何か変じゃありません?多分ね、三連単多点買いで穴狙いしてて、土日は競馬場に皆勤賞でーす!という人はほぼ漏れ無く課税対象でしょう。だって1レースあたり3000円で、1週間に10レースしか参加しない人でも70万円ぐらいの課税対象額になっちゃいますから。

現状はやっぱり卍の投資競馬術と裁判後の馬券税金についてでも書いた通り、レースを絞り、買い目を絞るのが適法な課税回避策としては有効なのかなと思いますね。でも、皆がそれをすると国庫納付金大幅減になると思うんですけどね…。