競馬は穴と本命どっちが得か?

2015年3月6日

ハイどうも!ぶんじろうです!

競馬は穴を狙うのと本命を狙うのとでは、一体どちらが得なのでしょうか? 結論から言うと、100%「穴」です。本命馬券は誰でもわかるため、ちょっとオッズが上がるとたちまち買われてしまってオッズが下がります。 誰かが一発大勝負で大口をぶち込めばさらにオッズが下がります。

当然長く買えば買うほどに回収率は75%前後に落ち着いてしまいますね。反対に穴馬券の方は、そもそも多くの人が「来ない」と思ってるから高配当なわけで、 そこに大金をぶち込む人はそれほど多くありません。

なので、上手に馬券を選定することが出来れば、 長期にわたって回収率を100%以上の数値でキープする事が可能になります。「反対に回収率0%って事もあるんじゃないの?」と思う人もいるかも知れませんね。でも、それは少し違います。

なぜなら「穴」と「単なる高配当」は別物だからです。もう少し説明すると、「穴」とは例えば、 1200mだと連対率が8割ぐらいの馬がいました、しかし、諸々の都合で1800mのレースを使う事が続き、 5戦6戦と連敗してしまいました。

ここで多くの人は「この馬は調子が悪いのでは?」と考えたり、 「このクラスでは頭打ちかも知れない」と見限るわけです。その馬が久々に1200m戦に出走しましたが、 誰も見向きもしません。 当然オッズは高配当になっています。しかし、いざレースが終ってみるとやっぱり1200mが合うようで圧勝でした。 これが「穴」です。

つまり、当該レースで好走する可能性が高いにも関わらず低い評価を受けている馬を買うのが「穴」 しかし、 「単なる高配当」は全然違います。 「わしは100倍以下の馬券は買わんのだよ、がっはっは(笑)」←こういうのは「穴」ではなく 「単なる高配当」狙いなんですよね。

では、どうすれば「単なる高配当」ではなく、 勝つ確率に見合う以上の馬券をとれるようになるのか? それを知りたい人は私のオススメサイトに訪れてみてください。
↓↓↓
うまめし.com 競馬必勝法